薪協会とは

薪協会発足の経緯

 

 エネルギーや資源について関心が高まる中、環境負荷が少なく、循環型資源である木質資源に注目が集まっています。
木質資源の最も基本的な利用方法が薪としての熱利用です。
現在多くの種類の薪ストーブが利用され、薪のニーズも高まっておりますが、ストーブの種類により使用できる樹種やサイズ等が異なり、また乾燥等品質の高い薪を求めるユーザーの声に対し十分な薪の供給が難しくなっています。

 

 一方日本の山林においては木材需要の低迷から資源を育て利用する林業経営による資源の循環が回らなくなり、山林内には活用されない木材が存在しています。

 

薪と薪ストーブ

 そこで薪ユーザーと生産者を結び、ユーザーの方には安心して使用できる薪を供給し、また生産者には基準やニーズ情報を示し、薪生産に取組やすい環境を整え、山村における経済循環の一助となるよう橋渡し役を果たしたいと考え、当協会を設立する運びとなりました。